Waste廃棄物とは

Waste廃棄物とは

廃棄物は、産業廃棄物と一般廃棄物に大別され、まずは産業廃棄物を定義して、それ以外の廃棄物を一般廃棄物としています。

ここでいう事業活動とは、製造業や建設業に限定されたものでは無く、オフィス、商店等の商業活動や水道事業等の公共事業も含めた広義のものになります。

また、排出量が極めて少ない1回の排出であっても、この分類に従って処理しなければなりません。

産業廃棄物

事業活動に伴って生じた廃棄物で、廃棄物処理法の20種類及び輸入された廃棄物

特別管理産業廃棄物

爆発性、毒性、感染性のある廃棄物等で人の健康又は生活環境に被害を生ずるおそれがある性状を有するもので施行令で定めるもの

事業系一般廃棄物

事業活動に伴って生じた廃棄物で、産業廃棄物以外のもの

生活系廃棄物

一般家庭の日常生活等に伴って生じた廃棄物

特別管理一般廃棄物

廃家電製品に含まれるPCB使用部品、ごみ処理施設の集じん施設で集められたばいじん等、感染性一般廃棄物

一般廃棄物

主に一般家庭の日常生活に伴って生じた廃棄物を一般廃棄物といい、さらに爆発性、毒性、 感染性その他人の健康または生活環境に係わる被害を生じるおそれのある性状を有するものを特別管理一般廃棄物としています。 これらは、市町村に処理責任があることから、市町村が指定した回収方法に従って回収・処理されます。 また、市町村の処理施設では、処理が困難な廃棄物を処理困難物として定め、市町村が指定した民間施設で処理される廃棄物もあります。

事業系一般廃棄物

事業活動に伴って生じた廃棄物で、産業廃棄物に該当しない廃棄物を便宜的に事業系一般廃棄物と呼んでいます。 市町村の許可を受けた収集運搬業者に委託するなどして、市町村が指定した処理施設に運搬して処理されます。

産業廃棄物

産業廃棄物には、「あらゆる事業活動に伴うもの」と「特定の事業活動に伴うもの」があります。 「あらゆる事業活動に伴うもの」は、製造工程から製品が破棄されるに至るまですべて産業廃棄物になりますが、 「特定の事業活動に伴うもの」は、指定された事業活動に伴って生じるもののみが産 業廃棄物に該当し、それ以外の事業活動に伴って生じたものは一般廃棄物に該当します。

特別管理産業廃棄物

産業廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性その他の人の健康又は生活環境に係る被害を生ずるおそれがあるものとして施行令で定めるものをいいます。 特別産業廃棄物は、排出の段階から処理されるまでの間、特に注意して扱う必要があることから、普通の産業廃棄物とは別に処理基準が定められ、処理業の許可も区分されます。 また、特別管理産業廃棄物を排出する排出事業者(保管を含む)は、事業場ごとに「特別管理産業廃棄物管理責任者」の設置が義務づけられています。